アフターサービス| 学生服Q&A | 専門店のサービス | 京都の学生服専門店 村田堂 |

学生服への想い
学生服が届くまで
アフターサービス
学生服のモデルチェンジ

アフターサービス

【学生服Q&A】村田堂の仕事は学生服を納めてから始まります ご入学からご卒業まで責任を持ってフォローいたします。

HOME > 専門店のサービス > アフターサービス > 学生服QA一覧 > ご家庭編QA

学生服のお手入れ方法について教えて下さい

学生服は、普段の衣類とは違って週に5日着用する衣類です。自分の髪の毛は毎日シャンプーするのに、制服はほったらかし・・・ではないですか?毎日のお手入れで制服をきれいに長持ちできるんです!是非実践してください。

■学校から帰ったら

①ハンガーにかけよう
ハンガーにかけることでシワが回復します。
②ブラッシングしよう
生地の目に沿ってブラッシングして一日のゴミやホコリを取り除いてください。

■テカリが出てきたら

袖口やおしりなど、スレやすりところは素材によって次第に光ってきます。そんな時は、汚れを落とした後、お湯で絞った濡れタオルで光っているところを湿らせスチームをかけます。仕上げは、布目にそってブラッシングしておきましょう。

■アイロンで制服にハリを取り戻そう

時々アイロンをかけてハリを取り戻しましょう。 必ずあて布をしてスチームアイロンをかけてください。

①スカートひだ
ヒダを洗濯ばさみでとめるか、アイロン台に平ゴムをかけヒダを押さえると簡単です。
②スラックス
スラックスのひざ部分は、霧吹きをかけ、あて布をしてドライアイロンをかけてください。

■雨や水にぬれたときは

まずはタオルでたたくようにして水分をとりましょう。ハンガーにかけて形を整えて風通しの良いところに干すか、ドライヤーで乾かし、仕上げにあて布をしてスチームアイロンをかけてください。

泥がついたときは、完全に乾かしてから古い歯ブラシなどでブラッシングするととれます。

■家庭でのお洗濯は

  • 制服についている洗濯表示に従って洗ってください。
  • ファスナーやボタンはしめて裏返して洗ってください。
  • 脱水は短め(15~30秒)にしたほうが、型崩れも少なくて済みます。

■シミをつけたときには急いで応急処置を

ティッシュかハンカチを裏にあて、水でぬらしたティシュでたたこう。(こすると布地に汚れがしみこみ取れにくくなります。)

【シミ・汚れの取り方】

果汁
・水もしくは中性洗剤で取る
血液
・水をつけたブラシでたたくか中性洗剤液でたたく
しょうゆソース
・ティッシュペーパーなどで吸い取り、中性洗剤をお湯でわかし、タオルに含ませる
ガム
・氷で冷やし固めてはがし、除光液でとる
ボールペン
・ベンジンでたたいて、中性洗剤でたたく。

うまくとれないときは、早めクリーニング屋さんに相談しよう。

■ドライクリーニングに出すときは

ドライクリーニングには、シーズンに1回は必ず出しましょう。

出す前に
・汚れやシミがついているときはその場所と原因をお店の人につたえよう。
・上下一緒にクリーニングに出そう(別々に出すと風合いや色相が異なることがあります)
仕上がったら
・すぐに袋から出しておきましょう。袋に入れたままにしておくと、カビや変色の原因になります。
・ハンガーも厚みのあるものにかけかえましょう。