アフターサービス| 学生服Q&A | 専門店のサービス | 京都の学生服専門店 村田堂 |

学生服への想い
学生服が届くまで
アフターサービス
学生服のモデルチェンジ

アフターサービス

【学生服Q&A】村田堂の仕事は学生服を納めてから始まります ご入学からご卒業まで責任を持ってフォローいたします。

HOME > 専門店のサービス > アフターサービス > 学生服QA一覧 > 学校編QA

最近の学生服の流行を教えて下さい。(デザイン、素材、色相、機能等)

デザイン

京都で言いますとほとんどがブレザータイプになっています。

素材

ブレザー生地について、高校はウール混率の高い(毛70%、ポリエステル30%)高級志向、中学校は耐久性や洗濯性を重視した素材(毛30%、ポリエステル70%)が多いです。

ボトムの生地については耐久性が要求されるため、高校では毛50%、ポリエステル50%、中学では毛30%、ポリエステル70%が主流となっています。

色相

以前の比率がほとんどでしたが、黒やチャコールグレーなど、ダークなカラーが好まれているのが特徴的です。

機能

傾向としては、快適に過ごせること、メンテナンスがしやすいいことが重視されています。

特に高校生では、ブレザーはタイトなシルエットが好まれており、ストレッチ性の高い生地の採用が増えています。また、汚れが落ちやすい撥水性や防汚性の高い生地も人気があります。

シャツ地においては、下着の透けを防止する生地や吸水速乾性のある生地が注目されています。